メキシコ生活

メキシコでの部屋の探し方と注意するべきポイント【海外移住】

こんにちは、メキシコ在住6年目のうめこ(@umeco87)です。

この記事では、メキシコでの部屋探しの方法をお伝えします。

部屋探しって、日本でもとても大変ですよね。

メキシコで探すとなると、さらに大変で根気が必要になります。

うめこ
うめこ
メキシコ生活6年で3回引っ越しました。 毎回部屋探しは苦労した記憶しかないです。

その時の経験をふまえて、部屋の探し方・注意点についてお伝えしたいと思います。

これからメキシコへ移住を考えている方、部屋探しをしようとしている方の参考になれば幸いです。

メキシコでの部屋探し

まず、メキシコで生活する際には、大きく分けて3種類の部屋タイプがあります。

私はメキシコですべてを体験したので、その体験を元にメリットデメリットもあげていきます。

シェアハウスに住む

一軒家、もしくはアパートの一室を数人でシェアするシェアハウスに住むことができます。

それぞれ寝室は別で、リビング・キッチンは共同。バス・トイレは部屋によってついている場合もありますが、共同のところもあります。

メリット

  • シェアメイトと気が合えば、楽しく過ごせる
  • インターネットや光熱費等もシェアなので生活費を安く抑えられる

デメリット

  • 私物を勝手に使われることがある(特にメキシコ人は悪気なく使う)
  • シェアメイトと気が合わなければ苦痛

 

一軒家の1部屋借りる

一軒家に家族が住んでいる状態で、空き部屋を貸し出ししていることもあります。

生活は完全に別ですが、ホームステイと少し似たようなイメージです。

私も実際、メキシコに来たばかりの頃は、メキシコ人一家と一緒に暮らしていました。

メリット

  • メキシコ人家族がいると何かあった時に安心
  • 言葉の勉強になる

デメリット

  • 家族が多い場合、キッチンが常に混んでて使いにくかった
  • 週末は親戚がたくさん遊びに来て夜中まで大盛り上がり

 

アパートを借りる

アパートは、1人用のESTUDIO(エストゥディオ)1Kタイプから、2ベッドルーム、3ベッドルームまで幅広くあります。

家具がついていることも多いので、アパートと言っても、スーツケース1つで入居できます。

メリット

  • 完全プライベート空間を得ることができる

デメリット

  • トラブルの対応をすべてしないといけない
  • セキュリティ面で注意しないといけない
  • 料金は割高になる

メキシコでの部屋の探し方

メキシコで部屋を探す際は、大きく分けて下の3種類の方法があります。

住みたいエリアを歩いて探す

メキシコでは、貸し出しをしている部屋の窓やアパートの前に”SE RENTA”という張り紙をして部屋を貸し出ししているというアピールをします。

住みたいエリアが決まっている場合は、自分の足で歩いてそのエリアの雰囲気なども見ながら探すことができます。

SE RENTAの張り紙に電話番号かEメールアドレスが書かれてあります。

  1. 電話をかけるorEメールで連絡
  2. 値段や部屋のサイズ、条件などを教えてもらう
  3. 条件がよければ、内見のスケジュールを合わせる

という順序です。

いきなりスペイン語で電話は不安・・・という場合は、WhatsAppという無料通話アプリでチャットができることもあるので、一度確認してみることをオススメします。

 

インターネットで探す

インターネットや新聞でも探すことができます。

vivanuncios(ビバヌンシオス)というウェブサイトが掲載件数がとても多いです。

個人や不動産屋が物件を掲載しています。

※私も実際このサイトを利用して部屋を借りたり、友達の部屋探しのお手伝いをしたこともあります。

vivanunciosの使い方

  1. vivanunciosにアクセスします。
  2. アパートを借りたい人は”Rentar”(借りる)のタブをクリック、シェアの部屋を探した人は”Compartir”のタブをクリック
  3. エリア:探したいエリアを書き込む
  4. Tipo:アパートを借りたい人は、”Departmento”
  5. Recamaras:寝室の数
  6. Maximo precio:予算が決まっている場合は、選択
  7. Buscar:検索

この手順で検索をすると、該当する部屋の写真と詳細、地図が表示されます。

それぞれ気になる物件をクリックすると、条件が書かれているのでくまなくチェック!

メールを何度送っても全く返信がない場合もあります。その時は縁が無かったとあきらめるしかないですね。

 

不動産屋で探す

直接不動産屋へ行くとウェブサイトに掲載されていない物件もたくさんあるので、選択肢が広がります。

実際私は、ネット連絡してもなかなか返事がこなかった物件は、不動産屋に行って内見させてもらいました。

大家さんとの間を仲介しているので、私は多少条件を変える交渉のお手伝いもしてもらいました。

トラブルがあった時も、不動産屋を通して解決できたのはよかったです。

 

部屋探しの際の注意点

メキシコで部屋探しをする際に注意するべきポイントは4つあります。

  1. 家具つきかどうか、ついているなら何が含まれているか
  2. 家賃に含まれている公共サービス(インターネット・ガス・水・電気)
  3. 賃貸契約期間(最低〜ヶ月など)
  4. 初期費用

1.家具付きかどうか

単身用の部屋の場合は、家具がついていることが多いです。

場合によっては、家具なしと家具付きで値段を変えて出していることもあるので、要チェックです。

また、家具がついている場合は何が含まれているのかも確認しておく必要があります。

特にメキシコでは、洗濯機を置く場所がない家も多いので、その場合は洗濯屋(lavanderia)を利用する必要があります。

家賃プラス洗濯代も必要になるので確認しておきましょう。

 

2.家賃に含まれている公共サービス

家賃には、公共サービスが含まれていることが多いですが、

何のサービスが含まれているかの確認も必要です。

  • インターネット
  • ガス
  • 電気

しっかりと確認しておきましょう!

私は、メキシコ人の「全部含まれているよ!」に騙されて、後から「電気は含まれてないよ」と言われトラブルになりました。

うめこ
うめこ
大雑把にいう人が多いから一個ずつ確認だね!

 

3.賃貸契約期間

多くの場合は、最低1年という契約期間がありますが、

まれに、3ヶ月・6ヶ月ということもあるので確認してください。

契約期間内に退去すると、入居時に払ったデポジットが返ってきません。

 

4.初期費用

メキシコでは礼金はなく、敷金として家賃1ヶ月〜2ヶ月分を入居時に支払う必要があります。

それにプラスして、契約料として1万円程度とる人もいます。

最初に条件として記載されているので、確認をしっかりしてください。

うめこ
うめこ
お金に関してはトラブルの元になりやすいので慎重に!

 

部屋探しで使えるスペイン語

部屋探しとなると、専門用語もいくつか出てきます。

スペイン語が不安でで部屋探しができない〜という方のために、簡単にまとめてみたので参考にしてください。

  • rentar=借りる
  • compartir=共有する、シェアする
  • buscar=探す、検索
  • casa=家
  • departmento=アパート
  • habitación=部屋
  • recamara=部屋・ベッドルーム
  • amueblado=家具付き
  • baño=トイレ・バスルーム
  • agua=水
  • luz=電気
  • gas=ガス
  • renta=家賃
  • deposito=敷金
  • contrato=契約

まとめ

メキシコでの部屋探しの方法と注意点についてまとめました。

メキシコ生活を快適に送るために、部屋探しはとても重要です。

これから部屋を探そうとしている方の参考になればと思います。

うめこ
うめこ
最後まで読んでいただきありがとうございます。twitterでもメキシコ生活を発信しているのでフォロー(@umeco87)してもらえると嬉しいです!