メキシコ生活

私がインスタグラムを辞めた7つの理由【SNS断捨離】

海外在住主婦ブロガーウメ子(@umeco87)です。

先日、インスタグラムを辞めました!

と言っても、複数アカウントを持っているのですが、

メインのアカウント、いわゆる本アカと呼ばれる、友達や知り合いとフォローしあっているアカウントです。

まだ数日ですが、とても心がスッキリしています!!

この記事では、私がどうしてインスタを辞めようかと思ったのかその理由について書きたいと思います。

 

インスタを辞めた7つの理由

1.他人と自分を比較して落ち込んだ

私が気にしすぎな性格ということもありますが、

インスタグラムに投稿されている写真を見ていると、つい他人と自分を比較してしまいます。

そして、他人がやたら幸せでキラキラしていると感じてしまい、自分はとても惨めな気持ちになってしまっていました。

 

2.知りたくない情報が入ってくる

私は一度流産しています。

流産後に特に感じたことなのですが、妊婦さんや出産の投稿は正直辛かったです・・・。

無事に育って無事に産まれてくるなんて、奇跡だし、とてもおめでたいことだとは思います。

でも、インスタのアプリを開けてまず新生児の写真が目に入った時には、無条件で涙が出てしまいました。

そういう情報は知らない方が精神的にも楽なので、見ないようにするのが一番ですね。

 

3.インスタ映えを気にして写真を撮るのに疲れた

私はそこまでインスタ中毒ではなかったのですが、もともと写真を撮るのが好きだったので、旅行に行く時はインスタ映えする写真撮らなきゃ!と思ってしまっていました。

インスタ中毒の友達と遊びに行くと、常にスマホ握りしめて写真。

食事の時も、満足のいく写真が撮れるまで撮り続けるのでそれを待たないといけないとか・・・。

私は食事やおしゃべりを楽しみたいのに、頭の中はインスタか〜と興ざめしてしまいました。

 

4.知り合い程度の人が増えて嫌になった

身近な知り合い(会社など)からフォロー申請が来た場合、断りづらくて承認していたのですが、知り合い程度の人にプライベートまで知られるのに抵抗を感じてきました。

それに、承認すると過去の投稿も見ることができるので全部見られてるのが嫌だなーと思うようになりました。

SNSに投稿するということはそういうことなんですよね。

一度ネット上にあげたら一生消えない。

これはSNSをする上で必ず知っておかないといけないことですね。

 

5.表と裏の人間関係についていけなくなった

インスタはキラキラしている写真が多いと思います。

女子あるあるなのかもしれませんが、女友達と仲良く2人で撮影した写真を投稿していた友達。

てっきり仲がいいのかと思ったら、陰で悪口をいいまくり・・。

じゃあわざわざあげなきゃいいじゃん!

と思わず突っ込んでしまいました。

わざわざそれをアップする意味が全くわかりません。

 

6.背伸びをしてしまう自分に疲れた

やはり、キラキラした写真ばかり見ていると、自分もそういうのを見せたいと思ってしまいます。

ついつい背伸びをして自分を良く見せようと思っている自分に嫌気がさしました。

私は、私らしく。

無理していると必ず限界を迎えます。

 

7.いいね!やコメントを気にしてしまった

SNSにつきものの、いいね!やコメント。

自分が投稿する以上、たくさんいいね!やコメントは欲しいと思ってしまいます。

また、いいね!をしてもらったら、その人の投稿にもいいね!を押さなきゃとか謎に義務感が生じて疲れてしまいました。

 

 

まとめ

私がインスタのメインアカウントを辞めた理由をまとめました。

色々理由を挙げましたが、結局SNS疲れというものですね。

本当に仲のいい人とは直接会うか連絡を取り合うし、その時に近況を報告し合う方が新鮮で楽しいと思うようになりました。

まだ、辞めて数日なので辞めてからの気持ちなどはもう少したってから綴ろうかと思います。